個人でできる出版方法

近年の出版事情について



自費出版のサービスは個人でも使えるようになりました。
オリジナルの創作物であれば、基本的に何でも大丈夫、世の中に広く伝えたい物があれば、一度自費出版を考えてみましょう。
作家や漫画家など、創作家という職業に憧れていた年配の方々にこそおすすめです。
個人でもコストを支払う事で、プロとして作品を発表する事が出来ます。小説やライトノベルやポエム、随筆やエッセイやブログなど、ジャンルは色々で大丈夫となっています。

個人でも自費出版が出来る時代!

個人でも自費出版が出来る時代! 個人でも自費出版が普通に出来る世の中になりました。
以前から自費出版という文化はありましたが、アマチュアの方向けのサービスではなく、プロに限りなく近いセミプロの方、あるいはプロの作家などがプライベートで利用するサービスでした。
今では本当にごく平凡な一般市民でも、必要なコストを支払えば自費出版が出来ます。分野も何でもOKです。
世の中に広くPRしたい、オリジナルの創作物であれば、自費出版の対象となります。
小説やライトノベル、自叙伝やポエム集、日々の出来事を書き留めた随筆やブログ、そして漫画やイラスト集など、どういったスタイルでもOKです。
作家デビューするチャンスであり、昔から創作家に憧れていた年配の方々にオススメです。

自費出版をした人がよく思う感想とは

自費出版をした人がよく思う感想とは 今回は、自費出版を行った方が、よくお思いになる感想について、ご紹介していきます。
自費出版を行おうと考えられる方の多くが、ご自身の人生を振り返っての自分史や、自分を支えてくださった方々への想いを、書籍をはじめとするメディアへ残そうとされております。
そうして、自費出版を行った方は、多くの場合、その周囲の方々、あるいは出版をサポートしてくださった方々に対する感謝が深まっているように感じます。
さらに、作成した本を読んでくださった方からの感想を受け、さらなる続編を出版しようとされる方もいらっしゃいます。
自費出版は、出版社からの販売、すなわち商業出版とは異なり、費用がかかるものなので、敬遠してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、この出版により、さらに今後の目標が見つかり、生きる希望となっている方さえいらっしゃいます。
自分の想いを後世に残すとともに、改めて振り返ってみることで、今までは目に留まることもなかった何かが見つかることもあるかもしれません。
一度、ご自身の人生を顧みて、何か感じるものがあり、それを後世にも残していきたいとお考えの方は、ぜひ上記記事をご参考の上、出版についてご検討してみてはいかがでしょうか。

情報リンク

プライム倶楽部(プライム共済)

新着情報

◎2018/2/6

自費出版の失敗例と成功例の情報を更新しました。

◎2017/12/14

メリットとデメリットの情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「個人 出版」
に関連するツイート
Twitter

久しぶりに紙の単行本を手にしたら、超・読みづらかったです。昔の人は、こんな苦労をしながら本を読んでいたんだなあ。言い過ぎた。しかし、個人的には紙の本とかもう無理です。多くの声ではなかろうが、小さな声でもなかろう。出版業界、今後どうなる。

Twitterくま男爵(たあ。)@morino_kuma_37

返信 リツイート 13分前

RT @daikonbana: @leestraight アジョンさんの祖国では、ある特定の一族の著作しか書店では扱っていなさそうですね。それが理想なの? 残念ながら、個人的に気に入らない本が売られるのも、言論出版の自由ですので。

RT @minmindahaaa125: ジョー会の事Z会って表記すると健全な教育出版さんの風評被害になりかねんから個人的にはJ会にして欲しい。

Twitter日下部來純(立憲民主主義奪還)@stop_kisei

返信 リツイート 55分前

池「久作、なんかお勧めの本とかない?」能「それはジャンル、作者、出版社、個人的趣味か世間的趣味か、どの辺りでの質問だ?」池「あ、もういいわ」能「そうか??」

RT @GOGOdai5: ⑤《そうなると、中川市長はどうなるのだろうか。私は差別だと思うし、地域の皆さんが形を変えていくのはありだと思う。ただ、こういうことを国が主導して決めていいのだろうか。個人ではなく、公務員や事業者に罰則が課せられるが、事業者に出版やメディアが入ってくる…

Twitterフォルモサ_チョアへ@_99445792

返信 リツイート 昨日 22:52

RT @ayuzu_s: はじめまして🙂 すず屋。と申します✋🏻 男性ヌード資料を作る人です📚 「妄想ポーズ集」などの書籍と画像はトレスフリーになってます💪😉 ぜひ便利に使って下さい👉🏻👌🏻 個人ayuzus.booth.pm 出版物 https://…

【2019読書】6冊目。三戸政和「サラリーマンは300万で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門」読了。2018年4月出版。 これも昨年のある一時期、やたら電車内で広告されてた1冊。図書館予約がようやく回ってきましたw もうこれはタイトルが全てを説明している、ある意味夢のあるお話

Twitter文学"ブサメン"タケゾー@4098takezo

返信 リツイート 昨日 22:19

【土曜定期ツイート】 四日市ジャズジャーナルは市内のライブ情報やディスクレビュー、コラムを載せたフリーペーパーですが、会社ではなく一個人が自費で出版しています。 皆様の協力で各方面に認知していただいておりますので、YJJの情報をリツイートで拡散していただけると嬉しいです^_^

Twitter四日市ジャズジャーナル編集部@Yokkaichi_Jazz

返信 リツイート 昨日 22:00

個人出版であのクオリティの挿絵を描いてもらってこの売上なら別作品でリスタートも考えるべきとも思う 幾谷くんの性格的に非常に非常に難しいだろうけど

『メタモルフォーゼの縁側』すごく良いよね。個人的には、サンシャインシティ竣工から40年って描写と、商業BL単行本化遅過ぎ問題(余命÷出版のペース計算のシーン)で色々考えさせられた…BLだけじゃなくて趣味で人と通じることのワクワクみたいなものを思い出せるのでオススメ!👱‍♀️👵