個人でできる出版方法

近年の出版事情について



自費出版のサービスは個人でも使えるようになりました。
オリジナルの創作物であれば、基本的に何でも大丈夫、世の中に広く伝えたい物があれば、一度自費出版を考えてみましょう。
作家や漫画家など、創作家という職業に憧れていた年配の方々にこそおすすめです。
個人でもコストを支払う事で、プロとして作品を発表する事が出来ます。小説やライトノベルやポエム、随筆やエッセイやブログなど、ジャンルは色々で大丈夫となっています。

個人でも自費出版が出来る時代!

個人でも自費出版が出来る時代! 個人でも自費出版が普通に出来る世の中になりました。
以前から自費出版という文化はありましたが、アマチュアの方向けのサービスではなく、プロに限りなく近いセミプロの方、あるいはプロの作家などがプライベートで利用するサービスでした。
今では本当にごく平凡な一般市民でも、必要なコストを支払えば自費出版が出来ます。分野も何でもOKです。
世の中に広くPRしたい、オリジナルの創作物であれば、自費出版の対象となります。
小説やライトノベル、自叙伝やポエム集、日々の出来事を書き留めた随筆やブログ、そして漫画やイラスト集など、どういったスタイルでもOKです。
作家デビューするチャンスであり、昔から創作家に憧れていた年配の方々にオススメです。

自費出版をした人がよく思う感想とは

自費出版をした人がよく思う感想とは 今回は、自費出版を行った方が、よくお思いになる感想について、ご紹介していきます。
自費出版を行おうと考えられる方の多くが、ご自身の人生を振り返っての自分史や、自分を支えてくださった方々への想いを、書籍をはじめとするメディアへ残そうとされております。
そうして、自費出版を行った方は、多くの場合、その周囲の方々、あるいは出版をサポートしてくださった方々に対する感謝が深まっているように感じます。
さらに、作成した本を読んでくださった方からの感想を受け、さらなる続編を出版しようとされる方もいらっしゃいます。
自費出版は、出版社からの販売、すなわち商業出版とは異なり、費用がかかるものなので、敬遠してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、この出版により、さらに今後の目標が見つかり、生きる希望となっている方さえいらっしゃいます。
自分の想いを後世に残すとともに、改めて振り返ってみることで、今までは目に留まることもなかった何かが見つかることもあるかもしれません。
一度、ご自身の人生を顧みて、何か感じるものがあり、それを後世にも残していきたいとお考えの方は、ぜひ上記記事をご参考の上、出版についてご検討してみてはいかがでしょうか。

情報リンク

プライム倶楽部(プライム共済)

新着情報

◎2018/2/6

自費出版の失敗例と成功例の情報を更新しました。

◎2017/12/14

メリットとデメリットの情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「個人 出版」
に関連するツイート
Twitter

RT @David_R_Stanton: この本が何故日本で翻訳されないか。それは政治家は与野党共に実名が上がっているし新聞社名も実名表記、記者個人名も特定可能、外交官名も特定可能、5人の著名ジャーナリストも特定出来そう。そんな資料がマトモに出版されてはみんな一斉に困る、そんな…

Twitter kouchin52628 こうちん

返信 リツイート 3分前

RT @info_history1: 図書館がやばくなっているが、その影響を受けて学術系出版社がやばくなっている。そもそも一人から数人の小規模なところが多いが、近年、先行きを危ぶんで廃業が相次いでいる。理由の一端には個人の購読数の減少もあるが、図書館が専門書を買わなくなった点に…

RT @David_R_Stanton: この本が何故日本で翻訳されないか。それは政治家は与野党共に実名が上がっているし新聞社名も実名表記、記者個人名も特定可能、外交官名も特定可能、5人の著名ジャーナリストも特定出来そう。そんな資料がマトモに出版されてはみんな一斉に困る、そんな…

Twitter ume_yamyam ( ᐛ )σ ンンン_sumire

返信 リツイート 4:13

RT @David_R_Stanton: この本が何故日本で翻訳されないか。それは政治家は与野党共に実名が上がっているし新聞社名も実名表記、記者個人名も特定可能、外交官名も特定可能、5人の著名ジャーナリストも特定出来そう。そんな資料がマトモに出版されてはみんな一斉に困る、そんな…

Twitter asayakenosora02 たまごやき

返信 リツイート 3:23

注意:(過去に)個人の趣味の二次創作作品も置いてあります。二次創作は原作者様・出版社様・その他の方々とはなんら関係がありません。お話やネタやその他はフィクションであり現実とは無関係です。

Twitter moon_toy レイン@お題

返信 リツイート 3:01

若い頃からの座右の書の一冊に、『ウェーバーの社会哲学』(浜井修著:東京大学出版会)がある。理解社会学におけるウェーバーの合理性概念の捉え方には特に影響を受けた。「個人は合理的に行為し得るが故に自由であり得るのであり、個人が自由である為には合理的に行為し得ねばならないのである。」

Twitter zenneitou_bot 反逆者前衛党/衡涕社bot

返信 リツイート 2:41

噂に聞く戎光祥出版の「正伝 岡田以蔵」を新宿紀伊国屋にてゲット。小説でなく個人に焦点を当てた歴史書を読むのは初めてだったが思いの外スムーズに読めた。幕末の、英雄になれなかった男の人生を感じ取れる pic.twitter.com/TPr4CMaOk7

...動産投資 やり方不動産投資 ローン不動産投資 デメリット不動産投資 物件不動産投資 勉強不動産オーナー資産運用資産運用 種類資産管理資産形成 ※不動産投資は効果を保証するものではなく、効果には個人差があります。 https://tousi-life.jp/%e3%80%90%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e5%8b%95%e7%94%bb%e3%80%91%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%83%86%e3%82%a3%e8%ac%9b%e5%b8%ab...

RT @tadashi_ohta: このシステムが続けられるかどうか僕も疑問に思っています。電子書籍のことも含め大きな変革が必要になっている。出版社の形態も変わっていくかもしれない。本の形も変わるかもしれない。 でも、最後に個人的な気持ちを言います。僕は単行本という本の形が、…

Twitter shionsessyoumar 悠羽司恩(ひさは しおん)

返信 リツイート 1:05

簡素というよりは、圧縮されてるというべきか。20年前だったら3冊に分けて出版されてたのかも。私個人は面白いものが読めるなら次巻の発売が1年後、2年後でもまったくかまわないけど、現在のライトノベル出版事情だとそういうわけにもいかないのだなと、先日の三木さんの対談記事を読んで思った。

Twitter 4well 伊都

返信 リツイート 0:30